弁護士がやること

交通事故被害にあったときに弁護士を依頼したら、どのような仕事をしてくれるのでしょうか。基本的には弁護士は被害者の代理として加害者側と交渉や連絡をしてくれます。もし弁護士を雇わなければこれらのことはすべて自分の責任で行わなければいけないのです。それだけでも大きな負担となってしまうでしょう。交渉の内容は専門的なことが含まれており、自分がきちんと適切な慰謝料を受け取ることができるのか素人では判断がつかないことが多いでしょう。それに対して弁護士ならば、それが妥当な慰謝料であるかどうかを判断することができるのです。過去の裁判例を考慮しながら、被害者が納得できるような条件を引き出してくれるのです。

弁護士はできるだけ示談金額を増額するように努力してくれます。加害者の方では保険会社の担当者が交渉をするのですが、そちらではできるだけ慰謝料を下げようとしています。そのような保険会社の人間に対して弁護士であればちゃんと理詰めで主張をして示談金額を引き上げることができるのです。

万が一交渉が成立しない場合には訴訟をするケースもあります。この場合は弁護士の方で必要な手続きをすべて行ってくれるでしょう。そのため依頼者の負担はほとんどないのです。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket